こむぎの足跡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こむぎの今日のご飯②
2009-06-09-Tue  CATEGORY: こむぎのご飯
IMG_4726.jpg
こむぎのご飯アップ2日目
どこまでつづくことやら…

材料

白米
大根
人参
白菜
かぼちゃ
若布
ゆで卵
納豆

昨日の日記で紹介した手作りご飯おじさんのページのお気に入りから見つけたこの記事

~ワンコのかんたん栄養学~
http://www.iris-pet.com/wan/recipe/qa/qa02.html
より抜粋

「塩分は犬の体にとって必要なものですが、多すぎると肝臓や心臓に負担をかけるので注意が必要です。人間がおいしいと感じる味付け(塩分)は、犬の必要量の約2.6倍もあります」


実は私はこれまで手作りごはんの中に塩を入れるということをしていませんでした。「塩分はワンコには必要ない」という思い込みがあった(どこかに書いてあったかも)のですが、でも常に全然必要ないことは絶対にない、必要量はきっとあるだろう、という考えはあったのでどこかにワンコの塩分必要量、がかいていないか、と探したのですが、見つけることが出来ませんでした。
で、ここで初めて人間の2.6分の1程度であろうことがわかったわけです。実際の量はとなると、一回分のごはんの量、ワンコの体の大きさによって複雑に計算せねばならないということになるでしょうから、うかつにだれも書き込むことが出来なかったのでしょう。
とても正確な量などわかるわけないし、毎回計算してやっていくということは無理な話しだし、それならドッグフードなら完璧じゃない?という言葉はまったく信用できないし、結局どうするかというと、だいたいこれくらいじゃない?ってところで適当(いい意味での)にやっていくというところでいいんじゃなかろうか、と結論に達しました。
つまり、海草、小魚など海の塩分をいかばかりか含むもの、食パンなど人間が塩味を感じない程度の塩分を含んだ食べ物をちょいちょい上げていればその程度の塩分がワンコには良さそうな気が…。そいでもって、たまに私の手とか美味しそうにぺろぺろ舐めてきたら(汗の後の塩分)これはちょっと塩分不足かな、と小魚でもあげたらいいのかな、と。
(ほんとかなり適当)
でも人間なんてもっと適当にごはんや嗜好品たべてるんだからこの程度のワンコごはんの適当さは許せる範囲では?
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 こむぎの足跡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。