こむぎの足跡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こむぎが我が家に来た日(2)
2009-05-24-Sun  CATEGORY: こむぎとの生活
このブリーダーさんのことは「日優犬京都」、というところを通して知りました。(現在は社名が変わっているようです)。そこの方に最寄の駅からブリーダーさん宅まで車で送迎していただきました。その「日優犬京都」というところがなければおそらくこむぎに出遭うことはなかったでしょう。ほんと感謝、感謝、です。
こむぎはブリーダーさん宅を出て我が家へと行く車の中でもう私達に尻尾を振っていました。
(後になって思うにもうこのときにはこの人たちの所に行くんだ、とわかっていて健気に尻尾ふってたんだろうな・・・と)でも、心臓のところがどきどき・・・。これまでワンコと一緒に生活してなかった私達は子犬はこんなにどきどきしてるのかな~とか思ってました。電車の中ではちっちゃなダンボールのキャリーに入れて我が家までの間、小さな空気あなから可愛い黒いお鼻を出して外の空気を吸っていました。途中何度か箱から出してしばらく抱っこして、また箱に入れてを何度かしながら電車の旅も終わり(といっても1時間もかかりませんが)、待ちまった我が家へ。06-10-19(Thu)-0022.jpg
我が家に迎えるために準備した大きなサークルの中へ。
ここがおうちだよ~
早速ブリーダーさんから頂いたこれまで食べていたフードを少し上げてみました。
私達もわんこと家の中で一緒に生活するのは始めて。どうしていいかわからずとりあえず、このサークルで一人でも過ごせるようにしなければ、と思っていたのでした。でも…

このなんとも悲しいなきごえはなんとも・・・「おかあさ~ん」て呼んでるようで、夜はサークルにお布団持ち込んでこむぎと一緒におねんね・・・
(続く)
トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


Copyright © 2017 こむぎの足跡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。