こむぎの足跡
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フローリングにコルクマット敷きました
2012-04-15-Sun  CATEGORY: こむぎとの生活
フローリングだった廊下にコルクマットを敷きました


なんか今まえと違うみたいな気が…


敷き終わったとたんに、クルクマットの上をぴゅーんと走り回っています。
(速すぎて写真に撮れない…笑)

スポンサーサイト
トラックバック0 コメント0
ガムをカミカミ
2012-04-14-Sat  CATEGORY: こむぎとの生活
二日前に「軽い椎間板ヘルニア」って言われたこむぎだけど、今日は、ちょっと大きな声で「ワワ~ン」って吠えてたし、一度ひょんってベッドに乗ったらしいし、そして、




今日はガムをカミカミしてます。
カミカミは結構、力いるだろうから、痛いとこあったらできないだろうな、もう痛くないんだろうなって思えて、ひと安心。
トラックバック0 コメント4
こむぎの様子が…
2012-04-13-Fri  CATEGORY: こむぎとの生活
昨日、約五年ぶりに姫松交差点近くにある「ファ○リア動物病院」に行きました。それは、

一昨日の夜からこむぎがソファに上れなくなったのです。
ほんにんは頑張ってるのだけれどもどうしても上れない。それだけじゃなくて上げてあげようと抱き上げようとすると、ギャン!となく。なんだろうって思ってると夜寝てる時に、なんか、「痛いよ~」って言ってるように小さな声で「ん~」つてずっと言ってるのです。
昨日の昼くらいまで様子をみていたのですが、やっぱり変、病院に行こう、と思い立った時には、行きつけの獣医さんはあいにくもうやってない時間だったので、こむぎがうちに来て初めて行った病院に約5年ぶりに行きました。

症状をお話するなり、「椎間板ヘルニアの軽い症状でしょうね」、とのこと。即、一ヶ月のお散歩禁止令が!
その後は状態を見ながら徐々にお散歩を開始していい、と。今までの生活環境も先生に相談していろいろと見なおすことになりました。

まず、フローリングの廊下にクッション材を使ったマットを敷く。これで足の負担が軽くなります。
次にこむぎがいつも飛び乗っていたソファ(途中に段差用のウレタンマットは敷いてましたが)の一ヶ月間の撤去。
飼い主もちょっと不便にはなりますが、こむぎの健康には代えられません。

昨夜は一昨日の夜のように痛そうな声を出すこともなく寝ていたので、少なくとも悪化はしていないみたい。

病院に行く前は不安で不安で何もする気もしなかったけど、ファミ○ア動物病院の先生にはとても丁寧に説明していただいて、とても安心できました。行ってよかった。

ソファが撤去されて広くなったリビングで寝ているこむぎ↓
トラックバック0 コメント2
大阪城公園
2011-04-07-Thu  CATEGORY: こむぎとの生活
昨日は大阪城公園へお花見。
花は、まだまだかな?というところが多かったけど、もう満開!なところもありました。
DSC00902.jpg


最高のお花見日和。日差しは少し強いかな?と感じるくらい。でも木陰だと涼しい風がとても気持ちいい。

大阪城が桜に映えて。
DSC00878_20110407024301.jpg

こんなところで小鳥ちゃんを発見。
DSC00914s.jpg
こむぎはあんまり興味ないかな?

しかし、しかし、、

なんとこむぎと同じワイヤーダックスの子に遭遇!
DSC00927.jpg
ワイヤーの子に会えたのはブリーダーさんところのオフ会以外では、なんと初めて!
いつも他のワンコにはビビリのこむぎだけど、ちょっとだけ興味を持ったみたい(かな?)

よかったね、こむぎ。
トラックバック0 コメント2
わんこの熱中症対策
2010-08-25-Wed  CATEGORY: こむぎとの生活
先日こむぎを爪切りの時にやむを得ず連れて外出したときに、もちろん日陰を選んであるきましたが、この暑さ。地面の温度が気になって、日陰のところでも少し前まで日が当たっていたところならまだ熱が残ってるかもしれない、と気をつけて手を地面に当てて見ながら歩きました。日の当たっている場所ではもちろん抱っこです。アスファルトを手で触ってみると、その熱さにに驚きました。しばらくそのまま手を置いていたら、やけどするだろうな、と思うほどの熱さです。アスファルトでない土のところ、でもかなり暑いです。人間は靴を履いているから地面(アスファルトなど)の熱さって感じませんが、ワンコは足の裏が直に当たります。肉球を夏のアスファルトで火傷、というのは良く聞きます。

アスファルトは手で触って、温かいと感じる温度だともう犬の散歩にはNG、だそうです。この真夏の中での灼熱のアスファルトでは絶対絶対ほんの一分でもだめ、だと思いました。日差しのかげった夕方でもこの気温なら放熱はなかなかしないかも知れません。夜も熱帯夜なら朝方でさえもまだ熱が残ってるかも知れません。どうしてもワンちゃんが外出させないといけないときには、ほんとにほんとに注意しないといけないでしょう。水を飲ませてあげるだけでなく水を身体にかけてあげる、クールベストのような身体を冷やせるものを着せてあげるとかは必須でしょう。

こむぎは、ダックスなので、お腹が地面に近いです。今の時期ひなたでダックスのお腹付近の位置に手を置いてみたら、地面からの熱をいかに感じるかわかります。ワンコの熱の発散方法は舌を出してハアハアするだけ。

以前、無知な私は、こむぎを夏の暑い中連れ出して、傍を歩いていた知らないおばさんから、「可愛いねえ、でも暑いからそこで水を飲ませてもらおうね」とこむぎに話しかけられるみたいにして、諭されたことがありました。幸い近くに水をのませることの出来る場所があったので、水をあげたら美味しそうに飲んでいました。その方にはほんと感謝です。
知らないって怖いことです。人間が暑いと感じたる時、犬は「死ぬほど暑い」らしいです。
↓参考URL
「犬に関する夏の注意」

こむぎが可愛いから、言葉がはなせないこむぎのこと、わんこのことをもっと知らなければと思いました

トラックバック0 コメント2
<< 2017/06 >>
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Copyright © 2017 こむぎの足跡. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。